富裕層セレブQ&A

30~40代富裕層の平均年収・月収はいくらくらい?

【写真】マリーナ・デル・レイ(Marina del Rey)/ロサンゼルス(アメリカ合衆国)

 
Q.30~40代富裕層の平均年収・月収はいくらくらいですか?

 
A.人によって大きく違ってくるため、平均値を出すのは難しいと思います。

 
富裕層セレブの収入の特徴として、あらゆるビジネスや投資先から各銀行口座に収入が入るシステムが出来上がっているケースが多いのではないかと思います。
 
その点、一ヶ所からの収入が一つの銀行口座に毎月振り込まれるサラリーマン、あるいは一般事業者にとっては、想像もできないほど魅力的に映るか、あるいは「いったいどういうこと??」と感じてしまうかもしれません。

 

それでは、30代~40代の富裕層セレブ(純金融資産1億2,000万円以上)の平均月収・年収はいくらくらいなのかということですが、富裕層の基準を「全国高額納税者名簿」のデータとした場合、年間納税額3,000万円以上が富裕層となります。
 
この定義に基づいて年収を算出すると、じつに年収1億円以上ということになります。

 
しかし、まだ30~40代と若い世代の富裕層の場合は、上記のようにすでに大きな資産を持っていて「資産防衛」に重きを置く年配富裕層とは異なり、「資産運用」を積極的に考える人や、一時的な「セミリタイア」をするなど、様々な選択をしてお金を動かしているケースがほとんどでしょう。
 
それだけに、人によって年収・月収はまったく異なってくるのではないかと思います。

 

たとえば、1億2,000万円の現金をプライベートバンクに預金していて年率5%で運用していれば、不労所得で年収500万円が入ってくることになりますが、もしその本人がセミリタイア生活を送っていて仕事をしていなければ、富裕層セレブであっても年収500万円ということになります。

 
しかし、これ以外にもビジネスや投資で継続的に収入を得ていて、その金額が仮にビジネスで月収約400万円、投資でも月収約500万円とするならば、この方の月収は合計で1,200万円、年収1億4,400万円ということになるのです。
 
そのため、富裕層セレブの収入の平均値を出すことは、意外と難しいかもしれません。

 
ただ一つだけ言えることは、プライベートバンクや高収益不動産などで不労所得を得ている状態で、ビジネスや投資からの収入が止まらない状態を作り出せると、どれだけお金を使ってもお金が増え続けていく、いわゆるお金から開放された生活を送れるということだと思います。

 
★富裕層が投資で不労所得を得る方法
≫ セレブはいったい何に投資しているのか?
 

関連記事

  1. 億万長者は愛人が多い?富裕層セレブの女遊び
  2. なぜファミリーオフィスは中国人富裕層セレブに支持されるか?
  3. お金持ちになれる職業職種は?年収3000万富裕層の実態
  4. 富裕層セレブ経営者はどんな会話をしているのか?
  5. 女性セレブ富裕層の職業は?年収はいくら?(30代~40代)
  6. 富裕層セレブが集まる場所&会員制クラブコミュニティーはどこ?
  7. 日本人の貧富の差・所得格差は拡大するのか?富裕層1%の未来
  8. 富裕層の集まり・集まる場所に庶民は行けますか?

億万長者になる方法は?

富裕層セレブQ&A

最近の記事

  1. 富裕層の節税対策・課税逃れ防止の具体的制度とは?
  2. 2017年仮想通貨で儲かるインサイダー情報はある?
  3. 仮想通貨投資・ビットコインで億万長者・富裕層セレブになれる?
PAGE TOP