富裕層セレブQ&A

2017年仮想通貨で儲かるインサイダー情報はある?

【写真】ソレアリゾートホテル(Solaire Resort Hotel)/マニラ(フィリピン)

 
Q.手堅い投資になりそうな仮想通貨のインサイダー情報が知りたいです。

 
A.当サイトに入っている情報では、フィリピンの「ノアプロジェクト」が注目されているようです。

 
2016年12月、東南アジアで唯一の英語圏・フィリピンで動き出した「巨大プロジェクト」の全貌が、日本で公開されました。
 
そのプロジェクトが「ノア・プロジェクト」です。

概要

ノア・プロジェクト(NOAH PROJECT)は、2018年6月12日の「フィリピン独立記念日」にスタートする金融プロジェクトで、フィリピンの出稼ぎ労働者がフィリピンへ毎年国内に送る外貨総額約3兆円の中で、国際送金により海外に落ちる約3,500億円もの手数料を削減するために立ち上げられた経緯を持ちます。
 
※ フィリピン人出稼ぎ労働者の年間国際送金額は、銀行経由(現金)のみで毎年1,500億円ずつ増加しています。

 
これまで出稼ぎ労働者の多くが送金手段に用いていた「ウェスタンユニオン」などの送金会社では、一度の国際送金で数十パーセントもの手数料がかかっていました。
 
その状況を、ブロックチェーン技術が内蔵された暗号通貨ノアコイン(Noah coin)を活用することにより、支払い処理や仲介手続きに要するコストを削減、国際送金に要する日数の縮小を目的としています。

信頼性

「ノア・プロジェクト」は、フィリピンの有名企業・政界・財閥関係者が賛同しているプロジェクトと言われており、数十年単位の非常に長期的視点から考えられているようです。

 
また、ノアコインの開発技術には、モナコのプライベートバンクなど世界各国の様々な銀行の顧問にして、アメリカの名門プリンストン大学で暗号通貨の教鞭をとる天才数学者「David」氏が関わっていると発表されています。

なぜ、投資先として魅力があるのか?

国民の銀行口座所有率が約30%、携帯・スマートフォン普及率が人口比107%(Facebook利用率95%以上)、さらに平均年齢約23歳とITに慣れた世代が多いフィリピン社会で、暗号通貨のニーズは非常に高い可能性があり、利便性や操作性の面でも使いやすいと感じられる環境にあります。

 
またブロックチェーンは、仮想通貨だけでなく、各種IT・金融業界を中心とする様々な分野での応用が世界中の研究機関で試行されている技術で、フィリピンで導入が進む「ノアコイン」のブロックチェーンも、国内インフラ設備の分野で応用が期待されているようです。
 
たとえば現時点で発表されている情報では、全てのショップや機関で暗号通貨が利用できるノアプロジェクト開発都市「NOAH CITY」(ノアシティ) が創られる計画があり、フィリピンの首都・マニラのフォート・ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)と同等レベルの都市開発になるということで、かなり大きなプロジェクトになると見込まれています。

 
以上のことからノアコイン(Noah coin)は、発行枚数があらかじめ決められている希少性と既存通貨の変革期という時代の狭間が掛け合わさり、年数を経るごとに資産価値が高まる可能性があるのではないでしょうか。
 
投資の一種なので絶対とは言えませんが、果てしない夢を創造させてくれる投資先と言えそうです。

 
★超富裕層が注目する仮想通貨のプロジェクト
≫ 「ノアコインプロジェクト」の詳細はコチラ
 

関連記事

  1. お金持ちになれる職業職種は?年収3000万富裕層の実態
  2. セレブが狙うアメリカ不動産/豪邸は何州が多い?
  3. 30~40代富裕層の平均年収・月収はいくらくらい?
  4. 富裕層セレブの税金監視対象基準は?(日本人資産家)
  5. 起業する前に知っておくべきこと(前準備知識)は?
  6. 年収1000-3000万円以上の職業&アッパー層の仕事ランキング…
  7. なぜプロスポーツ選手は引退後も稼げるのか?
  8. サラリーマンから億万長者・富裕層セレブになる方法は?

億万長者になる方法は?

富裕層セレブQ&A

最近の記事

  1. AI人工知能で億万長者・富裕層セレブになれる?
  2. 富裕層の節税対策・課税逃れ防止の具体的制度とは?
  3. 2017年仮想通貨で儲かるインサイダー情報はある?
PAGE TOP