富裕層セレブQ&A

2017年仮想通貨で儲かるインサイダー情報はある?

【画像】COMSA公式サイト / https://comsa.io/

 
Q.手堅い投資になりそうな仮想通貨のインサイダー情報が知りたいです。

 
A.当サイトに入っている情報では、テックビューロの「COMSA」が注目されているようです。

概要

2017年10月2日、仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロがスタートさせる、資金調達のためのICOソリューションが「COMSA」です。

 
「COMSA」は資金調達をしたい企業に対して、ホワイトペーパー(目論見書)の整備、ブロックチェーン導入プラン、国内外へのPR、仮想通貨の発行など、投資家から仮想通貨を集めるための様々なサポートサービスを行います。

 

サービスの特徴としては、ICO(新規仮想通貨公開)は企業が仮想通貨を発行して証券会社を介在させず資金を調達を行うため、IPO(新規株式公開)より低コストで資金調達ができる点が挙げられます。

 
しかし一方で、法律面ではまだ規制が標準化しておらず、今後様々な問題が生じる可能性もあります。

信頼性

日本におけるICOだけでなく、世界の視点でも、ICO関連の法律規制が標準化されていない点は懸念されています。

 
しかし、2014年にウォール・ストリートの頭脳集団や計算機科学者・数学者・物理学者などの有志によりスイスで立ち上げられた「Tezos」が、2017年に巨額の投資金を集め「ICOソリューション」として大きな成功を収めたニュースにより、今後ICOによる資金調達が一般化する方向へ進むことが予測されているようです。

 

また、「COMSA」のICO協議会委員が所属する上場企業には、インフォテリア、マネーパートナーズグループ、フィスコ、カイカ、オウケイウェイヴ、さくらインターネット、メタップス、東海東京フィナンシャル・ホールディングスなどが名を連ねており、パートナー企業として、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ、インフォテリア、フィスコ、カイカ、アララが関わっています。

なぜ、投資先として魅力があるのか?

ホワイトペーパー(目論見書)の整備から、ブロックチェーン導入プラン、国内外へのPR、トークンセール(売り出し)のツールまでを完全サポートする「COMSA」のサービスは、ブロックチェーンや仮想通貨を大いに活用したい企業にとって高いニーズがあると考えられます。

 
また、企業へ投資した投資家への特典としては、企業が展開するサービスなどで利用できる仮想通貨トークンなどを入手できるようです。

COMSAトークンセールの期間

COMSAトークンセールの期間は、2017年10月2日14:00~2017年11月6日14:00(日本時間)です。

 
10月2日より始まるトークンセールで、投資家から仮想通貨を集め、集められた仮想通貨は、ICOマーケットへの進出、COMSAシステムの中核となる「COMSA CORE」の開発、「COMSA HUB」の開発に使用されるほか、「Zaif取引所」、プライベートブロックチェーン「mijin」の機能とビジネス拡充にも一部使用されるようです。

 
また、初回に販売されるCOMSAトークンは、2号案件以降のICOでの払込みに使用することによって、5%以上の追加プレミアムボーナスが約束されています。

 

なお、COMSAで発行するトークンは、今後「COMSA CORE」を通してネム(NEM)、ビットコイン(Bitcoin)、イーサリウム(Ethereum)のパブリックブロックチェーン間で自由に行き来できるようになる予定です。

 
★【無料】COMSAの有志パートナー募集
≫ 無料登録・情報入手先はコチラ
 

関連記事

  1. 年収1000-3000万円以上の職業&アッパー層の仕事ランキング…
  2. 富裕層はいくらから[億万長者/お金持ち]の人たちを言うの?
  3. なぜファミリーオフィスは中国人富裕層セレブに支持されるか?
  4. 富裕層セレブの税金監視対象基準は?(日本人資産家)
  5. 日本人の貧富の差・所得格差は拡大するのか?富裕層1%の未来
  6. 女性セレブ富裕層の職業は?年収はいくら?(30代~40代)
  7. 富裕層になれる人の習慣・共通点、なれない人の特徴は?
  8. なぜお金持ちは不動産投資を行うのか?

億万長者になる方法は?

富裕層セレブQ&A

最近の記事

  1. お金持ちは長生き?寿命格差が大きいのは本当か?
  2. 2017年仮想通貨で儲かるインサイダー情報はある?
  3. お金持ち富裕層の消費行動&発展段階
PAGE TOP