日本の富裕層セレブ・億万長者

日本人億万長者の人数・割合

【写真】ドゥオモ・ディ・ミラノ(Duomo di Milano)/ミラノ(イタリア)

 
1945年の終戦から怒涛のごとく経済成長を続けてきた日本は、今や世界有数の「富裕層大国」として知られています。
 
実際に、メリルリンチ証券が発表した「富裕層に関するデータ」によると、1998年時点で純金融資産100万ドル(約1億2,000万円)以上を所持する日本人は128万人いると集計されています。

 
しかもこの数字は、当時の全世界の富裕層数の約17%も占めており、その後さらに資産が多くなっていきました。

 
2005年度
富裕層: 81.3万世帯/167兆円
超富裕層: 5.2万世帯/46兆円
 
2007年度
富裕層: 84.2万世帯/189兆円
超富裕層: 6.1万世帯/65兆円
 
2009年度
富裕層: 79.5万世帯/150兆円
超富裕層: 5.0万世帯/45兆円
 
2011年度
富裕層: 76.0万世帯/144兆円
超富裕層: 5.0万世帯/44兆円
 
2013年度
富裕層: 95.3万世帯/168兆円
超富裕層: 5.4万世帯/73兆円
 
2015年度
富裕層: 114.4万世帯/197兆円
超富裕層: 7.3万世帯/75兆円
 
* 富裕層: 純金融資産約1億円~5億円未満
* 超富裕層: 純金融資産約5億円以上
* 上記は「野村総合研究所」の公表データです。

 
また、クレディ・スイスが2014年に発表した「世界の富裕層数データ」によれば、日本では資産1億円以上を所持する人たちが272万人、またBCG(ボストンコンサルティンググループ)が毎年発表している「グローバルウェルス・レポート」の2015年度は、金融資産・動産・不動産を含めた資産1,000万円以上の日本人は約5,000万人、1億円以上の富裕層は約212万人ということが分かっています。
 
つまり、日本のお金持ちの資産は土地に偏っていると言われているとはいえ、100人に1人の割合で金融資産1億円以上を所持していることになり、かりにその人の配偶者や親・子供がいることを考えると、10家族中1家族くらいは金融資産1億円以上の生活を送っていることになるのです。

 
さらに、日本人の富裕層は人口のおよそ2%ですが、2020年には69%増加し約359万人になる見通しだそうです。

 

★日本人億万長者は何にお金を使うのか?
≫ お金持ち富裕層の消費行動&発展段階
 

関連記事

  1. お金持ちのマインドセット思考[大富豪/富裕層]
  2. 富裕層の定義・種類(日本人億万長者)
  3. 準富裕層・プチ富裕層の定義
  4. お金持ちの習慣&生活スタイル[大富豪/富裕層]
  5. プチ富裕層セレブの月収入と条件
  6. お金持ち富裕層の消費行動&発展段階

億万長者になる方法は?

富裕層セレブQ&A

最近の記事

  1. 注目のICO仮想通貨購入情報(海外トークンセール案件)
  2. お金持ちは長生き?寿命格差が大きいのは本当か?
  3. 2017年仮想通貨で儲かるインサイダー情報はある?
PAGE TOP