富裕層セレブQ&A

なぜ富裕層の平均貯金額算出は難しいのか?

【写真】サンタモニカ(Santa Monica)/ロサンゼルス(アメリカ合衆国)
 

Q.なぜ、富裕層の平均貯金額を算出するのは難しいのでしょうか?
 
A.「貯金額=資産」ではない等の理由があります。

 
富裕層の平均貯金額を算出するのは、かなり難しいのではないかと思います。なぜかというと、富裕層セレブにも階級・レベルが存在していて、それぞれの貯金額が大きく異なってくるからです。大きく分けると1億円~10億円クラス、数十億円クラス、100億円以上クラス、1,000億円以上クラスの4種類くらいには最低分類できると思います。

 
≫ 富裕層の定義

 
また、資産の多くを現金で所持している富裕層セレブ、不動産で所持している富裕層セレブ、株で所持している富裕層セレブなど、様々なタイプの人たちがいるわけで、たとえば5億円の資産をすべて現金で持っている人と20%を現金で持っている人では、貯金額に4億円もの開きが出てしまうことになります。その点からも、富裕層の平均貯金額を出すのはかなり難しいのです。

 
* ちなみに、不動産王「ドナルド・トランプ」氏は、世界有数のお金持ち富裕層と呼ばれていますが、ほとんどの資産は不動産価格の評価で、しかも高額の借金が残っている物件も多いと言われています。そのため、実際は世界有数のお金持ちレベルではないにも関わらず、たくさんの現金を持っている富裕層セレブの代名詞になってしまっているのです。

 
ただ一つ言えることは、プライベートバンクや高収益不動産などで不労所得を得ている状態で、ビジネスや投資からの収入が途絶えなければ、普段の生活でお金を使っていてもお金が増え続けていくサイクルに入るということです。そのため、年を重ねるごとに貯金額が増えていくことは間違いないと言えるのではないでしょうか。
 

関連記事

  1. 富裕層セレブの税金監視対象基準(日本人資産家)
  2. セレブ億万長者の職業職種は?年収3000万富裕層の実態
  3. プライベートバンクを日本で利用できる銀行は?(お金持ち,富裕層)…
  4. なぜ女性IT起業家は収益率,成功率が高いのか?
  5. 資産いくらから富裕層,億万長者,お金持ちと呼ぶの?
  6. お金持ちが好きな海外スピリチュアルスポット&グッズ
  7. 富裕層の節税対策,課税逃れ防止の具体的制度とは?
  8. 富裕層セレブ経営者はどんな会話をしているのか?
PAGE TOP