富裕層セレブQ&A

セレブの金持ちポートフォリオと分散投資配分

【写真】革命博物館(Museo de la Revolución)/ハバナ(キューバ)
 

Q.富裕層やお金持ちが持っている資産ポートフォリオの配分比率を知りたいです。
 
A.経済的に成功したセレブたちの資産ポートフォリオは、安心・安定資産と成長資産の2つに分けられています。

資産を2つのグループに分ける

経済的に成功したセレブたちは、資産ポートフォリオを作成するにあたり、最初に自らの資産を安心・安定資産成長資産の2つのグループに分ける人が多くいます。それぞれの資産の意味は、”安心・安定資産”が経年的にほとんど資産額に変化がないか、やや上がっていく資産のことで、”成長資産”は経年的に資産額が増える可能性がある反面、大きく価格を下げるリスクを含んだ資産のことを言います。

 
そして、アンソニー・ロビンスの著書「Money Master the Game」による資産の種類分けを参考にすると、”安心・安定資産”には、現金、定期預金、債券(国債)、生命保険、年金、自宅などが含まれ、”成長資産”には、株式、社債、不動産、商品取引(金・石油など)、収集品(時計・骨董品など)、仮想通貨(暗号資産)などが該当します。
 
* ただし、新興国債のように株価の動きに近い投資先は、”成長資産”として分類します。

2つのグループの配分比率を決める

資産を2つのグループに分けた後は、次に安心・安定資産と成長資産の比率を決めていきます。その際に指標となるのが「年齢%を安心・安定資産に入れる」という考え方で、具体的にたとえば50歳の人であれば、安心・安定資産に50%、成長資産に50%、65歳の人であれば、安心・安定資産に65%、成長資産に35%の配分で資産を分散するイメージで行います。

 
年齢%で分散を行えば、リカバリーが効く若い頃はリスクをとってでも資産を増やす運用を行い、高齢になるにつれて資産額の伸び率は低くても安定的な資産運用ができる方法を取ることが自然にできるようになります。ただ、こちらの配分比率はあくまで指標程度の数値なので、実際にはパーセンテージに多少の誤差があっても良いと思います。意識しておきたい点は、自分自身で無理がなく負担を感じない資産の配分比率でポートフォリオを組むことではないでしょうか。

 
ちなみに、当人の年齢や目標とする資産額がいくらかによっても変わりますが、一般的に超富裕層以上のクラスでは多くの資産を安心・安定資産で持つケースが増え、もし成長資産を選択する場合でも、極力損をしない投資先を選ぶことを重視する傾向が見られます。

各項目に資産を割り振る

2種類の資産への配分比率が決まった後は、現金、債券、株式、不動産など各資産項目に資金を分配していきます。この時、富裕層が最も重要視することは、資産を複数の場所に分散させることと、損を出さない投資先を選択することの2点となりますが、これらを行うことで資産が目減りするリスクを大きく下げることができます。

 
* 資産損失にはお金持ちであればあるほど敏感で、悪く言えばケチなところがあり、90%以上手堅いと考えられる投資先を選んで確実に資産を守りたいという欲求を持つ人が多いようです。

 
しかし、複数箇所への資産分散は、富裕層の中でも超富裕層以上のお金持ちでないと資金量が足りず難しい面があるので、資産が少ないうちは投資対象をいくつかにしぼって選別するのが現実的ではないでしょうか。

1年に1~2回ポートフォリオをチェックする

各項目への資産の割り振りまで完了したら、あとは年間1~2回定期的にポートフォリオをチェックし、必要であれば投資配分を調整したり、投資対象を組みなおすことを行います。

 
ぜひ、資産ポートフォリオを作成する参考にしてみてください。
 

関連記事

  1. 富裕層の太陽光&風力発電自然エネルギー投資
  2. セレブ億万長者の職業職種は?年収3000万富裕層の実態
  3. 富裕層になれる人の習慣,共通点となれない人の特徴
  4. 年収1000万円以上の人数割合,貯金額(30,40代)は?
  5. 富裕層の火星移住実験計画はすでに始まっている!?
  6. お金持ちは長生き?寿命格差が大きいのは本当か?
  7. なぜお金持ちは不動産投資を行うのか?
  8. セレブが狙うアメリカ不動産,豪邸は何州が多い?

億万長者になる方法は?

富裕層セレブQ&A

最近の記事

  1. バンクーバーのお金持ち富裕層が集まる場所は?
  2. サンフランシスコのお金持ち富裕層が集まる場所は?
  3. シリコンバレーのお金持ち富裕層が集まる場所は?
PAGE TOP