お金持ち・億万長者になる15の方法

プロゲーマーで億万長者・富裕層セレブになれる?

【写真】インスブルック(Innsbruck)中心街/チロル州(オーストリア)

プロゲーマーの推定年収・月収入

アメリカやヨーロッパ、韓国、中国を中心に大流行している、コンピュータ&ビデオゲームの対戦型ゲーム競技「エレクトロニックスポーツ」(Electronic Sports)。
 
通称「eスポーツ」(e-sports)と呼ばれ、海外では賞金総額20億円クラスの大会もあるなど、「ゲーム業界のワールドカップ」と呼ばれているほどです。

 
世界のトッププレイヤーになると、ゲーム機メーカーやゲームソフト制作会社など各種ゲーム関連会社のスポンサーが付き、対戦ゲームからの収入スポンサー契約料などを合計して年収1億円以上を稼ぎ出すことが可能です。

 
日本人プロゲーマーでは、「ストリートファイターシリーズ」で有名な梅原大吾選手や、格闘ゲーム世界大会「Capcom Cup 2015 Final」で優勝し約1,500万円を獲得したかずのこ選手などが有名です。

プロゲーマーの将来性

アメリカでは、パソコンRPGゲーム「League of Legends」などのイベントをプロスポーツに認定して、大リーグやMBAバスケ、プロサッカー選手、プロテニスプレイヤーなどと同じく「アスリートビザ」を発給しています。

 
また、韓国では「学生が将来なりたい職業」の第2位にプロゲーマーが選ばれるくらい社会的地位を上げている職業で、中には芸能人や女子アナウンサーと結婚してしまうスター選手も出現するほど。

 
さらに中国では、人民解放軍が「eスポーツ」のチームを組み、軍の訓練でマルチアクション戦略ゲームを活用したり、スペインのサッカークラブチーム「バレンシアCF」が2016年6月に「eスポーツ部門」を設立した例などもあります。
 
そのため、「プロゲーマー」はこれから長きにわたり世界的に市場拡大していく、インターネット&情報化時代が生んだ次世代職業と言えるでしょう。
 

 

一方日本でも、2014年にプロチームが技を競う国内プロリーグが誕生し、渋谷の国立代々木競技場第二体育館でも「LJL 2016 Spring Split Final」が開催、さらに「東京アニメ・声優専門学校」(東京都江戸川区)で2016年4月に「eスポーツ」に特化した4つの専攻科が設置されるなど、徐々にゲーミング文化が根付き始めています。

 
ただ、海外では優勝賞金数千万円~1億円規模になるプロゲーマーの大会・イベントが存在しますが、現状はプロプレイヤーとして安定的な生活が送れる「ポーカープレイヤー」の方が獲得賞金額・社会的地位とも高いと言えます。

 
★世界のポーカープレイヤー一覧
≫ スポーツ選手・事業家のポーカープレイヤー
 

関連記事

  1. 漫画家で億万長者・富裕層セレブになれる?
  2. IT会社経営&オーナーで億万長者・富裕層セレブになれる?
  3. 作家で億万長者・富裕層セレブになれる?
  4. プロスポーツ選手で億万長者・富裕層セレブになれる?
  5. 仮想通貨投資/ビットコインで億万長者・富裕層セレブになれる?
  6. デイトレードで億万長者・富裕層セレブになれる?
  7. カジノギャンブルで億万長者・富裕層セレブになれる?
  8. 料理人シェフで億万長者・富裕層セレブになれる?

億万長者になる方法は?

富裕層セレブQ&A

最近の記事

  1. 注目のICO仮想通貨購入情報(海外トークンセール案件)
  2. お金持ちは長生き?寿命格差が大きいのは本当か?
  3. 2017年仮想通貨で儲かるインサイダー情報はある?
PAGE TOP