富裕層セレブQ&A

富裕層セレブの投資ポートフォリオ&資産防衛先は?

【写真】ロデオ・ドライブ(Rodeo Dr)/ロサンゼルス(アメリカ合衆国)

 
Q.富裕層やお金持ちが投資する対象物と、資産の配分比率を知りたいです。

 
A.多くのセレブは、安定資産と成長資産の2種類に分けて投資対象を考えています。

 
富裕層やセレブと呼ばれる人たちは、投資先のポートフォリオを作って資産を配分し運用しているのが一般的です。

 
ポートフォリオの中身では、株式、債券(国債)、不動産、金・貴金属、石油のほかに、生命保険、ワイン、美術品、クラシックカー、アンティークコレクションなどが一般的に知られていますが、大きな投資資金や人脈を持つ大富豪の中には、ヘッジファンドやベンチャーキャピタルファンド、ホテル事業など一般人には情報が入りにくい投資案件(オルタナティブ)に資産の一部を分散投資する人もいます。

 

また、資産の配分比率に関しては、各富裕層によってそれぞれ異なると思いますが、お金持ちであればあるほど、利率は低いがリスクが少ない投資先に資産の多くを入れる傾向があると思います。

 
たとえば、現金、株式インデックス、国債、不動産(とくに自宅利用)、生命保険などは安定資産の部類に入るため、これらの資産の比率を大きくして、株式や投資物件、エネルギー・穀物・貴金属に代表されるコモディティ(商品)、収集品系の投資対象は大きく価格上昇する可能性がある反面リスクが高いので、あくまで余剰資金で行うというポートフォリオを組むのが、お金持ちである人ほど守っているルールなのかもしれません。

 

一方、資産の配分比率を決める際、その人の年齢でも投資対象が大きく変わり、一般には高齢になればなるほど安定的に運用できる投資先を選択する人が多いと言えます。

 
1つの指標として、自分の年齢%を安定資産に入れる考え方があり、これはたとえば50歳の人であれば資産の50%を現金や現金同等物、債券などの安定資産で運用するという方法で、資産の配分比率を決める1つの要素として知られています。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
 

関連記事

  1. 富裕層セレブのマインドセット思考で共通点はある?
  2. 富裕層&お金持ちが不動産投資で注意している4つのこと
  3. なぜファミリーオフィスは中国人富裕層セレブに支持されるか?
  4. エンジェル投資家になる方法・スタートアップに関わる方法は?
  5. AIプライベートジェット!?ドローン型航空タクシーが開発進行中
  6. お金持ちになれる職業職種は?年収3000万富裕層の実態
  7. 富裕層セレブの税金監視対象基準は?(日本人資産家)
  8. 30代富裕層の海外移住先・居住地・住む場所はどこ?

億万長者になる方法は?

富裕層セレブQ&A

最近の記事

  1. 富裕層セレブのポートフォリオ分散投資配分は?
  2. 富裕層が投資!太陽光&風力発電の自然エネルギー時代へ転換か
  3. 富裕層資産に日本酒が人気?海外セレブ間でブーム到来
PAGE TOP